黒人

これから不妊治療を始めようとしているカップルが気になるのは、不妊治療にかかる費用でしょう。
ここでは、どこまでが保険適用される治療でどこからが高度生殖医療とされ自由診療として全額負担になるのかを説明します。
まず、初期の治療としてタイミング療法があります。
これは基礎体温を図ることによって排卵日を予測し、妊娠しやすい日程に性行為を行い自然妊娠を目指す療法です。
タイミング療法の他にも卵巣を刺激し排卵を促すホルモンを注射するホルモン治療や、排卵誘発剤治療等があります。
このタイミング療法やホルモン治療は保険の範囲内で3割負担ですみます。
しかし、この先の人工授精や体外受精などの高度生殖医療となると自由診療となり保険が適用されず全額自己負担となります。
人工授精なら一度につき1~3万円、体外受精なら20万円~60万円と幅があります。
これは各クリニックや病院の立地条件や設備、関わるスタッフの人数などによって異なってきます。
傾向としては東京などの首都圏は高額で、地方のクリニックほど安いようです。

これまでの歴史について

1949年に日本で初めて提供された精子による赤ちゃんが誕生してから、不妊治療の技術は、日々著しく進歩してきました。
以前なら超音波診断器がなかったため、排卵誘発剤を使った不妊治療においては多妊症などのリスクが高く、双子以上の妊娠など妊婦に負担がかかることもありました。
しかし、今では排卵誘発剤を使っても超音波検査で卵巣の状態を確認し、血液中のホルモン値の測定をすることで、医師が使用する薬や投与量に注意を図ることが可能になりました。
また、体外受精の技術の発展により卵管性不妊と人工授精の適用のない男性不妊の治療法も確立できました。
このように高度生殖医療が発達する中で、より自然な形で妊娠したいと願う人のために漢方薬による治療も進んできました。
漢方薬は西洋医学と違いダイレクトに体に影響はしませんが、長く飲み続けることにより、体質を妊娠しやすい体質へと変えていきます。
個人差はありますが、体質によっては西洋医学より高い効果を得られる人もいます。
漢方薬による治療も保険が適用されるので、病院やクリニックで医師から処方してもらう方が良いでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031